記事一覧

ランシューズにおけるソックスの役割

裸足でシューズを履いてみるとどんなことが起こるのか?
300km走ってみて気づいたことをまとめます。

10kmまでは不都合ありません。
しかし、23km走ったら右親指と人差し指の皮が擦れて、めくれてしまいました。
外反母趾による指の重なりが主因ですが、ソックスを履いている時には起こりません。

今回のラーニングは、ソックスの役割です。
ソックスは擦れを防止し悪臭を抑えるだけではありません。

1.吸湿
裸足で履くと足指に蒸れを感じます。
ということはソックスは僅かながら吸湿しているようです。
(つま先の指の間に穴を開ければ蒸れの改善にはつながるとも思います)

2.(確証ないけど)足底の安定
また、裸足では足底筋膜が張りました。
これもソックスを履かないからでは無いかと思われます。

ソックスがつま先からかかとで一定のテンションをかけていることで
足底の安定に寄与しているのではないかとも考えました。

あくまでも仮説ですが指ソックスを履くと立位体前屈しにくく
なるとの記事をフェースブックで観かけたので思いついただけですが(笑)

3.まとめ
ショート主体であれば裸足で無問題ですが、ロングは工夫が必要ですし
ランシューズを裸足で履くならバイクシューズも一緒に考えないと
全体最適には至りません。
(バイクからランまでソックス無で通せないと意味ないということ)
ランほどシューズ内で足は動きませんが、裸足でバイクシューズ履いた皆生では
痛い目に遭いました。
ソックス履く手間とトラブルを天秤にかけるとアイアンマンではソックス有りが
有利だと思います。




( ↑ 昔のシューズの写真です。今はアシックスです。)

昨日のworkout
ラン13km
腹筋地獄15分

月曜日の疲れが嘘のように目覚まし鳴る前に起床。
サクッと朝ラン、腹筋地獄もろもろ済ませて英会話学習。
テキストは、英会話タイムトライアルから入門ビジネス英会話に変更して
ラジオ英会話との二本立て。

んんっ。難しいー。
集中力あげてやらないと頭に入ってこない。
厳しいー(>_<)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブルゴーニュ

Author:ブルゴーニュ
同じレースにライバルは居ない。みんな友達。ライバルは時間なんだ。

月別アーカイブ