記事一覧

(試乗会レポ)cannondale SLICE

2016モデルよりハイモジュラスカーボンを使用したフレームセットを販売するキャノンデール。

2015シーズンは早々に売り切れたスライスの最新モデルに乗ってみました。
(2015のスライスも継続販売されます)
http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan/Bike/ProductFamily?Id=3614e14b-702c-4dbd-b2f8-7892cfbdf76d

http://triathlon-lumina.com/cannondale/slice.html


シートステイはじめスレンダーなパイプセットが印象的で新鮮。
試乗車はコスミックを履いていたのでホイールの印象か色濃くインプレに影響しています。


サドルはフィジークのTRITONE。
意外と素直でエアロポジションに響かない良い感じでした。


ハンドル周りはVISION
バー先端のひとつボタン仕様を初めて使いましたがミスシフトなく使い心地良いです。
フロントブレーキは、ダイレクトマウント。効きが良くメンテナンス性も良さそう。


いまどき珍しいダブルボトル。シートチューブ側はかなり低めの位置。
低重心で安定する事、エイドでのボトル受け渡しを考えると
良く考えられている設計です。


さて、乗ってみた感想です。
54サイズで試してみましたが、56でいけそうです。
OrduやP3では54サイズが乗りやすいのですがスライスはロード同様のサイズ感でした。

フレーム単体1200gとエアロロード並みに軽量化し完成重量は7.6kg。
ロードバイクと遜色ない軽さです。大井埠頭にヒルクライムが無いのが悔やまれます。
シート角が77~81に調整できエアロポジションは思い通りに出せそうです。
衝撃吸収の良さは感じますが、空気抵抗の良さや平地の伸びは特段感じず。
ホイールが違うので少し割引いて考えなきゃいけません。

個人的には最も期待していたモデルですが
昨年のP5のようなインパクトなく、
凡庸な印象です。
言い換えれば万人受けするので、どなたが購入しても満足できるモデルです。

設計、仕様には非常に共感できる部分があるので
2016年も早々に売り切れると予想します。

昨日のworkout
バイク23km
ラン4km
腹筋地獄12分

今週から通常トレーニングに戻ってハード1。
軽めのランとジテツー。
夜はケアンズにむけてスタバで密談(笑)
本格的なメニュー開始は2月なので暫くは基礎体力作り。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブルゴーニュ

Author:ブルゴーニュ
同じレースにライバルは居ない。みんな友達。ライバルは時間なんだ。

月別アーカイブ