記事一覧

(新たな課題)機内預け158cmサイズ


今更ですが、フィリピン航空の機内預けは158cmサイズ2個。

あちゃー、ついにこの日がやってきました。


コナ出場の皆さんが毎年158サイズ規定を嘆いていらっしゃいましたが
自分も洗礼を受けるハメになっちゃいました。
オーバーチャージ1万円×往復、財政的に厳しいです。

■おさらい 158サイズの航空会社


フィリピン航空
ユナイテッド航空
デルタ航空
アメリカンエアライン
フィンエア
エールフランス
ルフトハンザ
アリタリア
ざっと見ただけで欧米は158サイズが多く、APACは緩いのですが
よりによって今回はフィリピンで当たりクジを引いたようですw

■予算2万円で解決できないか?


オーバーチャージを予算と考えれば、158サイズの新たな輪行箱を作れそうです。
問題は寸法。どう設計するかです。
ホイールはホイールバッグか通販のダンボールを利用するとして
サドルとリアディレイラー、ハンドルを外すだけで158サイズに収納できるかが疑問です。
もしかしたらクランクとフォームも外すかもしれませんが、それでも納まるのかな???

諸々考えましたが、諦めてオーバーチャージを払うことにしました。


但し、悪あがきします。

同じ成田発(5/31 9:30発)で同じ便の方を探してみます。


(バイクポーター スマートなら尚可)
2箱を縛って1個口にすれば、
オーバーチャージ1万円は半分ずつシェアできるかもです。

(転載元)http://www.longridefan.com/blog/1865/
なんだか懐かしい裏技でしょ。
昨日のworkout
スイム3km
バイク5km
ラン5km
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブルゴーニュ

Author:ブルゴーニュ
同じレースにライバルは居ない。みんな友達。ライバルは時間なんだ。

月別アーカイブ