記事一覧

世界最悪の空港! フィリピン ニノイ・アキノ国際空港


成田空港からフィリピン航空でマニラに向かう場合、ニノイ・アキノ国際空港を利用することになると思いますが、
ここはかなり要注意です。

■治安と設備が最悪


【ウィキペディア/ニノイ・アキノ国際空港/空港の評価参照】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%8E%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF
「世界で最もムカつく空港ランキング5位」とか「世界最悪空港1位を3年連続受賞」とか

世界タイトル総ナメ(謎)、


手ごわそうです。
ハード面の悪さ(動かないエレベーター、エスカレータ。雨漏り。臭いトイレ。エアコン故障)もさることながら、
ソフト面の悪さ(スタッフの賄賂要求や恐喝。ぼったくりタクシー。長蛇の列。)などなど悪評の巣窟です。
空港職員が銃弾を乗客の手荷物に仕込んで、保安職員が「銃弾が見つかった」と
恐喝する事件が2015年に発覚し、職員25人が停職処分になった事件がありましたが
現在も油断ならない状況です。
そんな空港ですから、絶対にバイクや荷物から目は離さず
怪しい動きをするスタッフに注意を払わねばなりません。

■アクセスも悪い


スービックまで車で165km。できるだけ空港の滞在時間は短くしたいところですが
渋滞が激しく到着時間が予測できません。
直行便はありませんがクラーク国際空港経由でスービックへ向かう方が賢明かもしれませんね。

■まとめ


以上、最悪エピソードが尽きない(良く言えば上級者向け)
ニノイ・アキノ国際空港ですが、
スービックではハーフアイアンマンや51.5のアジア選手権など
数多くの大会が行われてきました。
多くの選手が利用したであろう空港です。
荷物から目を離したり、席を離れるなど日本と同じ感覚で行動すると危険が伴いますが、
それはフィリピンに限ったことではありません。
行動を国際モードに切り替え、自身の安全と旅の無事を祈ります。
昨日のworkout
ローラー34km
ラン6km
朝は、VirtuGoでフリー走行。
20分ほど踏んで足を止めたら、アバターがフラフラして最後は落車。
そして画面から消えた。
もう一度踏んでも戻って来ないので終了。
バグだと思うけど、落車までリアルに再現してんのかな(笑)
夜は45分のワークアウト。
レポートは後日にまとめますが、Zwift の方が100倍楽しいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブルゴーニュ

Author:ブルゴーニュ
同じレースにライバルは居ない。みんな友達。ライバルは時間なんだ。

月別アーカイブ