記事一覧

すごいぞ!中華パッド ONDA V820w CH 


うちには、Win8の15インチノートがあるんだけど大きすぎて取り回しが面倒。
そして起動が遅い。
オンライン英会話で週1回しか出番ないんでお金はかけたくない。
ipadは高すぎるし。。。
そんな事情で年始から格安タブを探していました。
海外サイトで購入するため準備を進めていたら、

たまたま見かけた中華パッドの福袋(赤札天国)。


サブマシンだからハズレでもいいやと割り切ってポチッたのが1月24日。
翌日に銀行振込、商品発送で1月26日には到着。国内は迅速で良いです。
届いたのは、こちら。ONDA V820w CH
http://akafudatengoku.com/products/detail.php?product_id=7011
2015年12月発売のモデルで福袋と同じサイトでは12980円(中国語設定)。

これにオマケでスタイラスペンとタブレットスタンド、ディスプレイ拭きがついて

10000円+送料680円。


海外サイトでも11764円だから、まあまあ得したのかな。
http://www.banggood.com/Onda-V820W-CH-Intel-Z8300-Quad-Core-8-Inch-IPS-Dual-Boot-Tablet-PC-p-1039735.html?rmmds=category

【スペック】
CPU Cherry Trail Atom X5 z8300
メモリー 2GB
ストレージ 32GB eMMC
液晶 8インチ 1280×800(IPS)
カメラ フロント(200万画素) リア(200万画素)
バッテリー 4200mAh
OS Dual(Android5.1 / Windows10)
サイズ 205mm ×120mm ×9mm
重量 317g
この辺りは最新情報に疎いので良く分かりません(笑)
大きさは、iPhone5S, kindle と比較してこんな感じ。

片手で持てるしカバンに入れても邪魔にならないサイズと重さです。
1年前のモデルでスペックはそれなりなんだろうと想像し、
さっさと日本語化に着手します。
【日本語化】
通電してデフォルト言語は英語なのでそのままセットアップ。
Win8でも日本語化やったことあるのですがはっきり覚えていないので
「外国語」「Windows10」「日本語化」で検索して、それを見ながら設定完了。
以下6ステップで出来ちゃいます。(英語環境で先にWi-Fi接続はやってね)
1. Control panel -> Clock, Language, and Region -> Language -> add a Language
2. Japanese を選択しoption -> Language pack をダウンロードとインストール
3. Englishを削除(Remove)
4. Location -> home location: Japan
5. Administrative -> copy setting -> change regional options -> apply
6. Welcome screen and new user accounts settings -> copy your current settings to: -> チェックボックス2つにマーク(welcome screen and system accounts, new user accounts)
焼酎お湯割り飲みながら20分あれば出来ます。
英語でも使えなくはないけど、自分が理解し行動するまでにタイムラグが発生して
作業が遅くなるんで日本語環境がいいですね。
【第一印象】
タッチパネルの反応、精度とも満足で発色もキレイです。
2012年1月に買ったLenovo Idea Pad Tablet(7インチ Android 17640円)とは雲泥の差。
これで10000円なんだから、すごいぞ、中華パッド!(Lenovoも中国企業ですけどね)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブルゴーニュ

Author:ブルゴーニュ
同じレースにライバルは居ない。みんな友達。ライバルは時間なんだ。

月別アーカイブ