記事一覧

英語には図々しさが必要

先週、アジアパシフィックのセミナーに参加した時のこと。会期中は全て英語でしたが、うまくコミュニケーションできました。
今期の業績と来期の方向性の発表もおおよそ理解できましたw
(日本語でもおおよそしか理解出来ないもんな)

コミュニケーションゲーム”囚人のジレンマ”で発言できたし
島へ向かう船では韓国のBrianとみっちり1時間も会話できたし
(1時間のサシで英語トークはパーソナルベストだぜー)

(ビーチでのアクティビティ)

(Team building だって全部英語だよ)
意思疎通できるレベルです。(おっそろしく低いレベルだけどね)
ところが、帰りのシンガポール航空機内でのこと。
22:50発だったので食事は翌朝4時ごろ。
アイアンマン当日の朝じゃないんだから何も食べたくありません。
「Do you have a light meal? 」と伝えたんですが上手く伝わらず。
Light mealを繰り返してもダメ。
「For example, sandwich or something」と言っても伝わらず。
この時、思ったんですね~。

「聞き取れないコイツが悪い」って(爆)


自分の発音の悪さを棚にあげて通じないのは相手の責任にしちゃう。
英語は初級ですが、気持ちは中級以上!

ついにこの境地に至りましたよ~♪


実際セミナーでは不自由なく通じたので、このくらい図々しいくらいで良いと思います。
昨日のworkout
バイク6kmローラー22km
ラン9km
補強15分
ゆっくりペースでのラン。
ハムスト問題なし。
久々のローラーで心拍あげて問題なし。
増え過ぎた体重落ちるまではこのメニューだな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブルゴーニュ

Author:ブルゴーニュ
同じレースにライバルは居ない。みんな友達。ライバルは時間なんだ。

月別アーカイブ