記事一覧

任せて、させて、褒めてやる ~わが家のデジタルリテラシー教育

娘たちの使っているiphone 5S(2.5年使用)が傷んできた。1台はボタンの接触不良、もう1台は画面ヒビ割れ。
どちらも保障期間を過ぎた買取端末なので買い替えすることに。
割安なアンドロイド機への乗換え、もしくはiphoneSEへの機種変更を促すが嫌とのこと。
では、iOSの最低価格(SE 16MB)の5万円を補助するから差額を自分で工面するように申し渡したのが9月の話。
ただし、小遣いからの分割払いは踏み倒す恐れがあるので拒否。現金のみ受付とする。
(6Sの頃から、のべ半年はこの話をしていました)
先日帰省の折、お金の都合がついたと申出を受けアップル公式サイトで注文。
アップルケアが想定より5,000円高かったため娘たちは35,000円×2台を支払い消費税分は補助することとする。
翌日10時過ぎに本体が届く。
ここからが本番。
私は用事があったので手伝わず娘たちだけでセットアップすることに。
まず、iTuneが認識しない。Webで検索し解決方法を見つけるようアドバイスし
再インストールしたりドライバー更新。
そこはクリアできたみたいだが、SIMを載せ変えた後のAPN設定(アクセスポイント)に苦戦した模様。
23:55に「わからん」とLINEあったが、当方が気づいたのは翌朝。
調べて連絡するって返信したら解決済みとのこと。
自分たちでサポートセンターに連絡し完了させたらしい。あっぱれ!
「7が欲しい」ってモチベーションで、娘たちにとっては大金を用意し自分でセットアップして得た
”自分たちだけで出来る”という自信はプライスレス。
小さな自信を育んで重ねることが、デジタルリテラシーを上げるためには必要だと思います。

追伸:12回払いまでは無金利。ちょっとずつ返済します。
スポンサーサイト

プロフィール

ブルゴーニュ

Author:ブルゴーニュ
同じレースにライバルは居ない。みんな友達。ライバルは時間なんだ。

月別アーカイブ