記事一覧

ironmanは世界の共通言語

成田空港からの帰り道、渋谷で面白い事がありました。

渋谷駅で大きなバイクケースを抱え、列車最後尾に並んでいた時、
白人男性から
『What's time is it?』って言われたんです。

こんなクソだるい時に俺に時間なんてきくなよ…と思いつつ腕時計を見ようとしたら
彼は私の手首を指差しました。


(これを持って電車待ちしていました)




あっ、これね。
ハサミが無いと切れないので、つけたまま帰国したんです。

11時間36だったと告げると彼は満足そうに
サムアップして去っていきました。

いやー、渋谷で外人に声かけられるなんてビックリです。

彼がアスリートなのか、オーストラリア人なのか知る由もありませんが、
ironmanと知って、帰国したばかりだと分かった上で
わざわざ声をかけてくれたんですね。

これって凄くないですか?
私はちょっと満たされた気持ちになって、
足軽やかに家路に向かいました。

海外では、IRONMANへの情熱やリスペクトが凄いのかもね。

そんな情熱を伝える画像をCairns Postで発見。
http://www.cairnspost.com.au/sport/local-sport/2016-ironman-cairns/image-gallery/e0793a3479910c6d1b2dcb2990c4cf99

前夜のBright Night Run と Ironkidsも画像が有るので熱を感じちゃってください。











『ロックスターに間違われた』って表現は決して大袈裟じゃないでしょ(笑)

FinisherPixからも写真が届きました。








お祭り騒ぎもこれでおしまい。
本日から社会復帰します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブルゴーニュ

Author:ブルゴーニュ
同じレースにライバルは居ない。みんな友達。ライバルは時間なんだ。

月別アーカイブ