記事一覧

(アイデア)吐き気を感じた時の補給方法 糖質マウスウォッシュ

トライアスロン ルミナ 2016.07号でDr.彦井氏が紹介した究極の補給戦略。

わずか1ページの記事に知見溢れ、これだけに1050円払う価値があるとすら思っちゃいます(笑)


ironman Hawaiiのフィニッシュタイムと糖質摂取量の関係を調べた論文では、糖質摂取量が多いほどパフォーマンスが高い傾向を示し(Pfeiffer, 2012)
一方で、糖質過剰摂取は胃腸系トラブルを引き起こす。(Pfeiffer, 2012)




計画的な補給プランを数値で示してくれているのでこれも参考にしてね。


計画的にやっていても実際のレースではトラブルを引き起こすのは常。


今回のironmanCairnsでは、天候変化で雨対策が著しく体温上昇を引き起こし、
発汗で皮膚への血流増加と運動による活動筋への血流増加で胃腸への血流減少。
そして無計画で感覚的な水分と糖質補給で吐き気をもよおした訳なんだけど


それを救ったのが『糖質マウスウォッシュ』


糖質の入ったドリンクを、5~10秒口に含む方法で飲み込まないから胃腸に負担をかけない。
口腔内にある糖質センサーを介して大脳の報酬と運動制御に関わる部位が活性すると考えられるが一貫した結果は得られていないが、試す価値があると氏は結んでいます。


はからずもやってきた、糖質マウスウォッシュのチャンス(苦)

スポーツドリンクを口に含んでクチュクチュぺっ!


全体的にバイクタイムが悪かったので声高には叫べませんが、一定以上の効果はあったように思います。

ピンチに追い込まれないように計画立てた補給をベースに
トラブったら糖質マウスウォッシュを思い出してね。

そのためにも、ぜひトライアスロン ルミナをお買い求めください。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブルゴーニュ

Author:ブルゴーニュ
同じレースにライバルは居ない。みんな友達。ライバルは時間なんだ。

月別アーカイブ