記事一覧

(覚書)レースナンバーシールの貼り方と失敗後のリカバリー方法

Ironmanのレースナンバーはタトゥーシールなんですが、今年も貼り方を間違えてしまいました。






(去年の台湾も同じ失敗したのにね~)

(正しい貼り方)
1.シールが乾いた状態で静かにクリアフィルムを台紙からはがす
2.台紙を所定の位置(腕、ふくらはぎ)に貼る
3.台紙の上から塗れタオルを当ててタトゥーシールを身体に転写させる


ところが、毎回なぜかシールを水に浸してしまいます。
きっとプラモデル世代ゆえ、デカールと間違えてしまうんです。
FacebookのTL見ているとどうやら私だけじゃなさそう。
レースでもマジックペンで手書きした選手を見かけました。(おぉ~、同志よ~)
次回は、絶対失敗しないようにせねば。

さて、本題です。

もし、誤ってしまったらどうするか?です。

答えは、「あわてずに乾くまで待つ」です。
ドライヤーで乾かしても半乾き。これだと上手くクリアフィルムからはがれません。
あわててやると、シールがグチャグチャになります。

シールが完全に乾くと台紙側が丸まってエビぞり状態になるので、それまで手出し無用です。


リカバリーも考えて1回目は、レース前日夜にやっておくと安心ですね。



昨日のworkout
ノートレ


ケアンズとセントレア報告会&台湾とUTMF他の壮行会。


飲んで呑んで食って喰って。
さすが、皆さんトライアスリートの胃袋はハンパないっす。


食べ放題飲み放題3000円の土佐丸。
http://s.tabelog.com/en/tokyo/A1311/A131103/13065171/dtlrvwlst/6775011/?review_id=6775011
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブルゴーニュ

Author:ブルゴーニュ
同じレースにライバルは居ない。みんな友達。ライバルは時間なんだ。

月別アーカイブ